中医学徒の生きる道
小金井信宏ブログエッセイ
中医学徒の生きる道
2011-07-08 21:48:58

中薬の話(1)

カテゴリ:中薬の話

 昨日は七夕でしたね。
 私は「おじさん3人」で、フグを頂きながら仕事の話をしてきました。

  まずは「てっちり」

 

 昔はフグといえば「冬」に食べたので
 温性が強いかと思って調べたら

 一応「甘温」となっています
 でも本草書によっては「涼」ともなっていて
 いろいろ見ましたが、あんまり「温」じゃなさそうです

 歴代の幾つかの論述や用法をみても「温める」という目的で
 使われてはいない感じです
 

 フグには「筋肉の湿邪」を除く作用があるので
 湿邪を除くから「温性」とされたのか

 または「フグの毒は強い火」とされたので
 または「フグは怒りんぼ」とされたので(←面白い

 そんな延長で「温性」とされたのかも知れません
 (勝手な想像です)

  ゆがいたフグをポン酢で

 

 ところで「フグ毒」に中ったらどうするのか?
 中医学は「蘆根」を使います。
 ま、あまり実用のチャンスは無いでしょうけど
 (↑無い方が良いですね)

 または「人間の大便」を使ったりもしますが
 詳しい説明は省きましょう

  とらふぐのから揚げ

 
 ところで七夕といえば「織姫と彦星」の話が有名ですが、
 彦星は「牽牛」ともいいますね。

 そして中医学には「牽牛子」という中薬があります。
 簡単にいうと「あさがおの種」です

 中薬学では「峻下薬」
 つまり強い下剤とされますが
 ただの下剤ではなく、水液代謝を調える作用もある!

 李時珍(明代の医家・『本草綱目』の著者)の用法を見ていると
 そんな印象を受けます

 つまり「ハイパー五苓散」みたいな
 そんなニュアンスがあるのです

 五苓散は便秘の治療にも使いますが
 李時珍の牽牛子の使い方は、その用法と繋がるんですね
 (個人的な印象ですが)

  焼きフグ
 
 しつこく「フグの写真」で押してみました
 
 
 

2011-07-07 04:31:53

講義(10)

カテゴリ:講義

 今日は、日本中医食養学会さんの関連講義でした。
 テーマは「肥満」。

 中医学の見地から

 ◆「脂肪」とはなにか?
 ◆なぜ「脂肪」がたまるのか?
 ◆まずは肥満の「2大分類」
 ◆有名なダイエット方剤「防風通聖散」について
 ◆ダイエット「薬浴方剤」の紹介
 ◆お腹まわりの肉を取る「導引術」の紹介

というような話をしてきました。

 
 …私も薄着になったら、少し太ったことに気づき
 (↑薄着しないと分からんのか?)

 ダイエットを始めたところです!
 上の導引術も、毎日やってます。
 (↑ものすごく腸が動きますね)
 

 また先日(7月2日)には、我が研究所主催の
 アンチエイジング講座の再講義をしました。

   

 

 
 

 多くの学生さんから

 ◆時間の都合で前回の講座に行けなかった
 ◆もう1回行ける時間にやって欲しい

というありがたいご要望を頂いての再講義でした。

 ありがとうございます。

 

  ↑ツボ押しの道具

 最近は毎晩、これで足裏マッサージをしています。
 (「セルフ・プチ拷問」ぐらい強めにやります)

 多少蒸し暑くても、グッスリ眠れますよ。

 

2011-06-29 00:51:21

個人的なこと(3)

カテゴリ:個人的なこと

 昨日は数人で「高輪のネエさん宅」にお邪魔し
 美味しいお料理を、色々といただきました。
 (↑また腹6分目じゃないですね)

  焼きベビーコーン

 

 

 食べきれなかった分は、いつも「おみや」として頂いて帰ります

 昨日はメインが「すきやき」だったので
 おいしく炊いた白米をすき焼き肉で巻いた「肉巻き」を
 こしらえて下さいました

  
  ↑おみやの「肉巻き
 撮影用に春菊を添えてみました
 

 で「おみや」
 翌日いただくのですが
 これがまた「めちゃくちゃ美味しい」のです

 1つだけ持ち帰ってきて食べるので
 美味しさが引き立つんですね

 
 前の晩は美女に囲まれていて気づかなかったが
 1人だけ連れて帰って
 翌日よく見てみたら「こんなに美しかったか
 みたいな感じです

  ↑ギー・シャルルマーニュというシャンパン
 ネエさんがシャンパン好き(狂?)なので
 私も少しずつ、シャンパンを覚えます

 

2011-06-27 03:33:02

講義(9)

カテゴリ:講義

 いよいよ
 研究所主催の「美容シリーズ講義」が始まりました!

  初めて美容の講義をする私

 
 昨日は、その記念すべき初日
 テーマは「美白」です

 

 具体的には

 ◆美白総論
 ◆各論 ・肝斑について
         (西医の認識)(中医学の認識)(漢方の認識)
         (中医医案2例)(中医美容方剤の紹介)
       ・シミに効く導引術
       ・シミに効く紹介

という話をしてきました。
 

 慣れないテーマの講義は、いつも以上にエネルギーを消耗します

 

 …という訳で
 講義後は、しっかりと肉を食べてパワーを補充

  「A5ランク黒毛和牛のハンバーグ」に
      「一口カツ1切れ」がついたセットです

 ごはんをおかわり
 サラダもボウルでおかわり
 (↑人に「腹六分目」と言ってるクセに)
 

 で
 夕方~深夜は
 火神派本2冊目(『医法圓通編註』)の執筆です。

 ほぼ毎日、2~6時間は書いているのですが
 なかなか終わりませんね。

 これから節電の夏
 夏バテしないよう養生しつつ頑張ります!
 
 

2011-06-24 03:27:31

講義(8)

カテゴリ:講義

 今日は、日本中医食養学会さんの関連講義でした。
 内容は「陰陽学説と五行学説」です。

 初めて中医を学ぶ人たちが相手の、しかも「初日」の講義!

 赤ちゃんが生まれた場合も
 目の前にいた「親」や「育ての親」がどんな人だったかが
 その後の人生に大きく影響しますよね

 それは学問も同じで
 最初の講義
 つまり「ゼロを1にする時」に、どんな先生の講義を受けたかは
 その人の「学問人生」に大きく影響します。
 

 …という訳で
 人間の誕生に立ち会う!
 そんな真剣さで準備をし、講義をしてきました

 
  講義会場(北京中医薬大学・日本校)のそばに咲いてたアジサイ
 暑くて辛そうです

 
 

 講義の後は、珍しくスタバではなく
 東京ドーム・ホテルのカフェで
 25日の講義「美白①」の打ち合わせをしてきました

 

 ↑スタバじゃない場合
 私は大抵「アイス・アールグレイ」を飲みます

 アールグレイって
 冷めた方が美味しいと思うのです

中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
twitter
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道