中医学徒の生きる道
小金井信宏ブログエッセイ
中医学徒の生きる道
2011-11-28 01:03:45

講義(27)

カテゴリ:講義

 今日は研究所主催の「中医学的“美容”講座」でした。

 

 
 今回のテーマは

 ◆ニオイ

 具体的には

 ◆口臭
 ◆ワキガ
 ◆体臭
 ◆頭の臭い

に分け

 それぞれの原因や対処法について
 古代から伝わる中医学の認識
 を紹介しました。
 
 
 レジメの一部

 
 
 
 とてもたくさんの方法が
 伝えられていますが

 特にバラエティ豊かなのは

 ◆ワキガの解決法

ですね

 
 普通の中医の学習では
 出てこない用薬法が色々あり
 私もとても勉強になりました

 蜘蛛を使ったりするんですよ

 
 

 
 
 ◆中医学のフトコロの深さ

を改めて感じる事ができた
 講義でした。
 
 
 

2011-11-26 23:31:07

会社(1)

カテゴリ:会社

 今日は「酉の市」に行き
 商売繁盛の熊手を買ってきました。

 酉の市って
 「~屋さん」という形で
 ご商売をなさっている方々のものだ
 と思っていたのですが

 自営業者とか
 自分で会社を起こした人とか
 でもいいんですね (つまり私でも)

 
 という訳で、最近

 ◆先生も行った方が良いですよ

と勧められ、行ってきたのです。

 
 かなり大きいのも売ってました

 

 
 初めてだったので
 まずは店の人と話して
 基本情報を入手

 どうも「しめ縄?付き」が
 カッコイイらしい

 でも「しめ縄」が付くと
 小さな物でも結構します

 まあ縁起モノ
 ある程度仕方ないですね

 ということで
 時間をかけたくないので
 すぐ次の店で買いました
 
 
 
 熊手を買うと
 店の人が総出で拍子木売って
 商売繁盛を願ってくれます

 上の写真のような状態で
 やるのですが
 
 人だかりが出来て
 たくさんの知らない人に
 写真撮られちゃいました

 
 さっそく高いところに設置
 
 
 私、基本的に「カッコつけ屋」なので

 ◆小さいの持って歩くのはカッコ悪い

と思い
 初めて買うわりには
 少し大きいのを買いました

  
 お札に社名を入れてもらいました

 この秋から
 会社の体制を変えたので

 新しいスタートに相応しい
 イベントになりました

 色々な方に感謝いたします
 ありがとうございました

 

2011-11-23 05:00:49

本の執筆(3)

カテゴリ:本の執筆

 先日『医法圓通編註』を書き終え

 早速
 新しい本の製作・執筆に
 とりかかっています

 とりあえず
 2冊同時に進めていますが

 その内の1冊は

 ◆『中医学ってなんだろう』 2巻

です。
 
 やはり「レミー事務所(スタバ)」
 で書いています

 
 
 この本
 実は2006年
 すでに10万字ほど書いてあります

 でも5年も放置してあったので
 まずこの「10万字分の直し
 から始めています

 
 というか、そもそもこの叢書
 初めは1冊の本にする予定でした

 
 でも資料を整理していく内に

 ◆こんなの1冊にまとめたら
 ◆ぶ厚すぎで「箱みたい」になっちゃう

ことに気づき

 出版社に

 ◆全5冊の叢書にしたいのですが
  (↑スゴイ勝手な変更)

と申し出たところ

 受け入れていただけたのです
 今思うと

 ◆あまりにも 「いきあたりばったり」

ですね。

 
 能力の限り
 クオリティの高い作品
 仕上げようと思います
 
 5~6年前に作った執筆準備ノート
 (よく覚えていない)

 

 
 ところでこの本
 私の学生さん達の中には

 書名を
 うろ覚えしている人もいて

 
 本当は『中医学ってなんだろう』なのに

 ◆『中医学ってなんですか』 とか
 ◆『中医学ってなんでしょう』 とか

いろいろ言われています。

 今までで一番ウケたのは

 ◆『中医学ってなんだっけ?』

です!

 
 すごい書名ですよね。

 80歳ぐらいになったら
 出してみても良いかも知れません。

 

 人に勧められて「ボジョレーヌーボー」
 飲んでみました
 (やはり赤ワインは体質に合わない事を確認)
 
 

2011-11-15 22:09:50

ごはん(3)

カテゴリ:ごはん

 昨日は代官山の「リストランテASO」で
 イタリアンをごちそうになりました。

 
 
 自家製パン

 
 
 自家製バター3種(美味しい!)   
   ↑

 左のは「燻製バター」で
 あと味がハムみたいです

 

 ありがとうございます。
 ごちそうさまでした。

 とても美味しかったです。

 
 
 たくさん省略して
 メインの内の肉料理
 

 
 
 メインの後、デザートの前に
 「パイナップルのムース
 が出てきました

 そうやって
 肉の消化を助けるもの
 がちゃんと出てくるのが

 「成熟した肉食文化」を感じられて
 良いですね
 
 
  デザート(ティラミス)
 
 デザート(アイスクリーム)

 
 
 アイスクリームに
 おろした岩塩をかけて頂くのですが
 
 
 
 
 
 岩塩3種
 
 
 一番色の濃い岩塩は
 強い硫黄の味がしました

 硫黄
 
 附子を凌ぐような
 強力・強烈な温裏回陽薬です
 

 附子なんて
 薬膳では当然使えませんが

 硫黄を含んだ岩塩なら
 使えますね

 そんな事を
 考えました。
 
 

2011-11-14 02:40:07

講義(26)

カテゴリ:講義

 今日は研究所主催の「方剤講義」でした。
 内容は

 ◆「理中丸」と「黄耆建中湯」

です。
 
 

 
 
 一般的な方剤学の認識だと
 理中丸の位置づけは

 ◆脾気虚――――――→四君子湯
 ◆脾気虚で下痢―――→参苓白朮散
 ◆脾気虚で食欲不ー―→香砂六君子湯
 ◆脾気虚で出血―――→帰脾湯
 ◆脾陽虚――――――→理中丸
 ◆腎陽虚で下痢―――→四神丸

といった感じになっていますが

 実際には、加減をおこなうことで
 上記全ての情況に「理中丸」は使われている

 といった話をし
 医案を紹介しました。

 

 また「黄耆建中湯」については

 ◆脾気虚~脾陽虚を中心病機としながらも
   四君子湯や理中丸とは違うポジショニング

であること

 ◆甘温除熱剤としても使われる

ことなどについて話しました。
 
 今年ももう11月
 なんだか温かいですが

 すでに忘年会のお誘いも
 幾つか頂いて

 ◆もう今年終わっちゃうのか

と思いますね。
 
  

中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
twitter
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道