中医学徒の生きる道
小金井信宏ブログエッセイ
中医学徒の生きる道
2016-11-30 23:26:13

講義(775)(776)

カテゴリ:講義

 

先日

 

 ◆小金井塾・Uグループ(福岡)
 ◆U先生主催の勉強会(福岡)

 

講義でした。

 

 

 

dsc05824福岡にて

 

 

 

から
スタバに向かう途中

 

道端
ホームレスさんがいたりして

 

スタバに着くと
サラリーマンさんがいたりする。

 

 

 

img_1296U先生の手作り弁当
 (ありがとうございます!)

 

 

 

は自分に
才能があるとは思うけど

 

でも
私がいなくても

 

日本という社会は困らないと思う。

 

だから私も
ちょっと情況が変わったら

 

すぐに
ホームレスになるんだろうなと

 

いつも思って生きている

 

 

 

 img_1248日本橋「La Paix」でご馳走になりました。
 (ありがとうございます!) 

 

 

 

img_1249

 

 

 

 

でも
街のサラリーマンの多くは

 

きっとそんな事
思っていない

 

の会社では
それなりの地位があっても

 

その会社をクビになったら
きっと同じ地位や待遇は得られない

 

多くの人にとって
それが現実だと思うのに

 

得られている
モノの上に自信を作ることが出来ている(ように見える)。

 

どうしてそれが出来るのか?
解らない

 

 

 

img_1250

 

 

 

img_1252

 

 

 

は毎日
大好きだから勉強していますが

 

もう1つには
不安だから勉強している。

 

能力を磨いていないと
不安だから勉強している。

 

 

 

img_1253

 

 

 

img_1254

 

 

 

生活やお金の心配がなくても

 

もちろん毎日
勉強をするでしょうが

 

でも勉強の中身は
半分ぐらい?変わると思うし

 

ピアノ弾いちゃったり
するかも知れない

 

 

 

img_1255

 

 

 

img_1256

 

 

 

だから
自信満々に?

 

会社への不満
同僚の悪口

 

なんかを言っている
同世代のサラリーマン達をみると

 

どういう状態なのか?

 

理解できず
過ごしています。
(終わり)

 

 

 

img_1257

 

 

 

 

 

 

2016-11-28 23:33:04

講義(773)(774)

カテゴリ:講義

 

先日

 

 ◆あんずオルタ健康講座(新横浜)
 ◆U先生主催の勉強会(福岡)

 

講義でした。

 

 

 

dsc05821新横浜にて

 

 

 

ダンナ浮気グセがあるので

 

奥さん
ダンナの外泊を許さない

 

なんて話があります。

 

 

 

dsc05823ご用意頂いた物
(ありがとうございます!)

 

 

 

せいぜい
20代ぐらいまでなら

 

そういう独占欲
可愛いかも知れませんが

 

いいオトナ
そんな無駄な事にこだわるのは

 

お互いが不幸せ」という意味で

 

生き地獄だと
思いますねぇ。

 

 

 

dsc05825新横浜にて

 

 

 

浮気グセ
浪費グセ
借金グセ
ギャンブル好き
等々

 

こういうモノは基本的に
変わりはしない

 

だから男女共

 

相手
「クセ」を認められないなら

 

結婚しては
いけないと思うし

 

結婚してから知って
それを認められないなら

 

別れるのが良いと思う。

 

 

 

 img_1294頂いたお菓子
 (ありがとうございます!)

 

 

 

そんな事より

 

浮気グセの無い男
浮気の方が

 

よっほど厄介
罪深いと思う。

 

その浮気には
ほぼ必ず「理由」があり

 

理由があるから
解決法もあったりします

 

なかなか「大変そう」。

 

 

 

img_1299頂いた「韓国のおみやげ」
 (ありがとうございます!)

 

 

 

いずれにせよ

 

今日が楽しくない」なら
2人でいる事を楽しめない」なら

 

別れれば良いと思うのですが

 

そういうの
未熟無責任、なのでしょうかね

 

苦しんでいても
楽しんでいても

 

人生は同じように
どんどん終わって行くので

 

大切な事だと
思うのですけどねぇ。

 

 

 

 img_1309西五反田スタバにて
 (「漢方マン」が久しぶりに登場)

 

 

 

 

 

 

2016-11-25 23:20:31

講義(771)(772)

カテゴリ:講義

 

先日

 

 ◆ネオプラスファーマ株式会社(大阪)
 ◆北京中医薬大学・日本校(水道橋)

 

講義でした。

 

 

 

dsc05808大阪にて 

 

 

 

dsc05812皆さんに誕生日を祝って頂きました(ありがとうございます!)
 (許可を得て掲載しています)

 

 

 

 

について学んだら

 

渋柿はずっと渋柿のまま
だと思っていたのが

 

間違いだと分かり
びっくりしました。

 

 

 

dsc05817皆さんからのカード
(ありがとうございます!)

 

 

 

 

dsc05818中身

 

 

 

 

元々「渋柿」であっても

 

熟れてくると
渋みの原因であるタンニン

 

凝縮して
不溶性のタンニンに変化する。

 

人間の舌

 

水に溶けた状態の分子しか
味覚として感知しないから

 

熟れた柿には渋みを感じない

 

 

 

dsc058191つだけ持っている花瓶(普段はバチ入れ)

 

 

 

dsc05820本来の役目で活躍中

 

 

 

 

つまり渋柿が熟れて
甘柿になっても

 

渋み成分(悪い性質)は
消えていない

 

ただ状態(在り方)が
変わるだけ

 

人間もそうかもな
と思いました。

 

 

 

img_1288頂いたプレゼント(ありがとうございます!) 

 

 

 

img_1289中身

 

 

 

柿の渋み消しには
干し柿」という方法もありますが

 

これもまた

 

 世間の「風に当たる」と
熟成して「在り方が変わる」という事なので

 

人間と似ている

 

また干し柿
注意しないと

 

熟成せず
カビが生えて腐ってしまう

 

人間
そうだよなと思う。

 

 

 

img_1283大阪「福喜鮨・本店」でご馳走になりました。(ごちそうさまでした!)
(ここの穴子は最高です)

 

 

 

img_1287お土産1

 

 

 

img_1290お土産2

 

 

 

 

世間の風に当たれば
必ず熟成する訳ではなく

 

歳をとれば
必ず熟成する訳でもない

 

未熟なままでいる者」がいて
熟成せずに腐る者」もいて
熟成せずに枯れる者」もいて

 

そんな中
熟成して甘くなる者」がいる。

 

熟成しなくても良いけれど

 

腐るのだけは
嫌ですねぇ。

 

 

 

dsc05797日本校にて
 (淹れて頂いたお茶、ありがとうございます!)

 

 

 

 

 

 

 

2016-11-22 23:22:21

講義(769)(770)

カテゴリ:講義

 

先日

 

 ◆信弟子の会(湯島)
 ◆小金井塾・TKグループ(目黒)

 

講義でした。

 

 

 

1湯島にて「誕生プレゼント」を頂く
(ありがとうございます!) 

 

 

 

dsc05802湯島にて

 

 

 

 

貸金庫

 

蒲田(大田区)から
五反田(品川区)に

 

移すことにしました。

 

 

 

img_1271プレゼントの中身
 (私の好きなモノが熟知されている)

 

 

 

元々
母が使っていた貸金庫を

 

母の死後
私が受け継いだもの。

 

私の故郷である
東京の大田区

 

母にとって

 

嫁に来てから
50年近くを過ごした街

 

 

 

img_1272沖縄の学生さんに頂いたプレゼント1
(ありがとうございます!)

 

 

 

img_1273プレゼント2
(これ美味しい!)

 

 

 

 

彼女なりに半世紀
あの街で頑張って生きた訳で

 

その痕跡
1つぐらい残しておきたくて

 

使っていたのですが

 

銀行(支店)自体が
無くなるとの事で

 

解約することにした。

 

とても良い
終わり方だと思う。

 

 

 

dsc05805目黒にて

 

 

 

先週

 

裏返しただけなのに
iPhoneが急に動き始め

 

なんだ!
と思って見てみたら

 

死んだ「」に電話をかけていた。

 

そして2日前には
急に「捨てろ」と言われた気がしたので

 

今朝
父の遺品の「着物」を捨てた

 

私の50歳合わせて

 

何かを動かして
くれたのかも知れませんねぇ。
(終わり)

 

 

 

dsc05807目黒にて

 

 

 

 

 

2016-11-21 23:23:12

イベント(26)

カテゴリ:イベント

 

先日

 

 ◆北京中医薬大学・日本校の文化祭

 

でした。

 

 

 

img_1229日本校の前で

 

 

は昨年同様

 

午前1回、午後1回と
講演をさせて頂きました。

 

 

 

img_1233ご用意頂いたお弁当
 (ごちそうさまでした!)

 

 

 

北京
長年通った北京中医薬大学

 

その日本校
文化祭だった訳ですが

 

はずっと
日本校

 

日本の中医学の世界」での価値
もっと高めたい

 

思っている

 

 

 

img_1238日本中医食養学会のブースにて

 

 

 

 

img_1239

 

 

 

img_1240色々ご馳走になりました(ありがとうございます!) 

 

 

 

img_1242奈良県北条市産の「白きくらげ」
 (お刺身みたいでした)

 

 

 

その為の近道

 

在校生、卒業生の
レベルを上げる

 

という事で

 

通常の講義の他にも
企画モノの講義もしているし

 

こうして講演
させて頂く。

 

 

 

img_1245講演会場にて

 

 

 

たとえば
国際中医師」を名乗るなら

 

中医学の
専門家レベル」に達しろ
とまでは言わないから

 

 ◆当帰芍薬散の「沢瀉」の意味は?
 ◆柴胡加龍骨牡蠣湯の「茯苓」の意味は?
 ◆桂枝の「平衝降逆作用」って何?

 

ぐらいな
10段階中「難易度3」程度の認識は

 

余裕で持って欲しいし

 

 

 

img_1244講演の時お借りした時計
 (ありがとうございます!)

 

 

 

難易度5」程度な

 

 ◆「陰虚水腫」の第一選択薬は?
 ◆「脾陰虚」治療の基本用薬は?

 

ぐらいの認識も
なるべく持っていて欲しい。

 


数年前と比べても

 

明らかに
卒業生のレベルは高いと思う。

 

このまま
進みたいものです。

 

 

 

img_1246二次会の会場にて

 

 

 

 

 

 

中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
twitter
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
2016年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道