中医学徒の生きる道
小金井信宏ブログエッセイ
中医学徒の生きる道
2016-03-31 20:45:57

講義(635)(636)

カテゴリ:講義

 

先日

 

 ◆北京中医薬大学・日本校(水道橋)
 ◆北京中医会(水道橋)

 

講義でした。

 

 

 

DSC05388日本校にて

 

 

 

私は都会が好きなクセに
人ごみが大嫌いなので

 

16時過ぎたら
なるべく電車には乗りません

 

 

 

DSC05378学生さんに頂いた「霊芝入りフィナンシェ」
 (ありがとうございます!)

 

 

 

先日、講義の後で
ある方仕事の話をしたのですが

 

講義が終わるのは15時

 

そのまま近くでをすると
帰りが16時過ぎてしまう

 

そこで講義の後
一緒に五反田まで移動して頂いて

 

五反田のスタバで行いました
(五反田ならタクシーですぐ帰れる)

 

 

 

DSC05379学生さんに頂いた「鹿肉ジャーキー」
 (ありがとうございます!)

 

 

 

本当にわがまますいません
とメールでお礼を言ったら

 

 ◆先生のルールですから
 ◆ワガママなんてことは全くないと思いますし
 ◆先生に用事がある人は
  そのルールを尊重するのが当然だと思います

 

という返事がきました。
ありがとうございます!

 

 

DSC05380研究所に届いた「まんじゅうこわい2016」第4弾
 (ありがとうございます!!!)

 

 

 

こんなルール
押し付けるのが「当然」とは思いません

 

いつも
の事を考えて下さっている方々がいて

 

大変にありがたく思って居ります。

 

 

 

DSC05377日本校にて

 

 

 

以前も書きましたが

 

電話嫌いなので
電話を下さる前に
メールで「電話の曜日と時間」を打ち合わせて下さる
サンドラッグのNMさん

 

邪魔がキライなので
スタバで私を見かけても
絶対声をかけず
後で見ました」とだけ言って下さる学生さん達

 

私が暑がりなので
暖房を控えめにして下さる幾つもの教室

 

暑がりなので
扇風機を常備して下さっている幾つもの場所

 

講義中、見やすいように
毎回「小さなアナログ時計」を持参して下さる
SDさん

 

講義前に、マーカーのインクの状態
必ずチェックして下さっている
SDさんSNさん

 

我が研究所
ホワイトボードの番人YDさん

 

等々

 

本当にありがとうございます
感謝致します。

 

 

 

IMG_0245平日13時頃の「都営浅草線」
 (ガラガラです)

 

 

 

2016-03-29 18:21:22

講義(633)(634)

カテゴリ:講義

先日

 

 ◆ネオプラスファーマ株式会社(大阪)
 ◆小金井塾・Sグループ(新橋)

 

講義でした。

 

 

 

DSC05366大阪にて

 

 

 

 私は元々
音楽大学作曲専攻を出ているので

 

何でも
芸術作品」として見る
時代様式」を意識して見る

 

などのクセがついています。

 

 

 

DSC05369大阪で頂いたお菓子(栗づくしだ!)
 (ありがとうございます!)

 

 

 

DSC05370大阪で頂いたお菓子
 (ありがとうございます!)

 

 

 

たとえば
音楽の「時代様式」に

 

中世の音楽、バロック音楽、クラッシック音楽
ロマン派の音楽、近代音楽、現代音楽

 

などが有るように
生命には

 

魚類、両生類、爬虫類
鳥類、哺乳類

 

などの「時代様式」が有る

 

 

 

DSC05368大阪で頂いたお弁当(なぜか2つ)
 (ありがとうございます!)

 

 

 

そんな意識であれこれ学び
たとえば

 

魚類の状態をイメージして
そこから人間を見つめる

 

重力ってストレスだなぁと
リアルに感じる

 

そうすると
人間の症状の見え方が変わってくる。

 

 

 

DSC05373新橋にて

 

 

 

また
たとえば20億年前

 

シアノバクテリア大増殖
地球の酸素分圧が急上昇した頃の

 

メタン生成古細菌(人間の祖先)
の気持ちをイメージすると

 

酸素ってストレスだなぁと
リアルに感じる

 

するとやはり
人間の症状の見え方が変わってくる。

 

 

 

DSC05376新橋にて

 

 

 

そんな感じで、例えば

 

 ◆カラメルの作り方
 ◆パンの作り方
 ◆団粒構造の土(農業最高の土)
 ◆味噌の成分
 ◆最先端の時計製造技術
 ◆ミイラの作成法
 ◆ダイヤとエメラルドの違い

 

等々を学んでも

 

人間や病気をとりまく
世界の見え方が変わる

 

特に中医学をやる人
こういった勉強法がとても役に立つ

 

私は思います
おススメです)

 

 

 

DSC05374学生さんに頂いたお菓子
 (ありがとうございます!)

 

 

 

 

 

2016-03-28 20:20:25

講義(631)(632)

カテゴリ:講義

先日
「全日本薬膳食医情報協会(ANY)」さんの

 

 ◆初級(本郷三丁目)
 ◆中級(本郷三丁目)

 

講義でした。

 

 

 

DSC05358エニイさんにて

 

 

 

以前
あるスタバ

 

とてもコーヒー好き
バリスタさん(男性)が居たのですが

 

あまりにもコーヒーが好きなので
コーヒーの樹になってみたい」と言っていた。

 

 

 

DSC05359学生さんに頂いたジャム
 (ありがとうございます!)

 

 

 


そりゃスゴイ」「本当に好きなんだね
としか思いませんが

 

でも
この話を女性にすると

 

圧倒的
気持ち悪い」と言う人が多い

 

やはり少し
変態っぽさ」を感じるのでしょう。

 

 

 

IMG_0100ネギラーメン(五反田)

 

 

 

でも
日本の男達だって

 

多くの日本女性
平気でふつうに使う言葉
(その感覚を)

 

心の中では
気持ち悪い」と思っていたりする。

 

でもそんなこと言うと
後が怖いから

 

実は「ぞっとして」いても
言わない

 

 

 

IMG_0092醤油ラーメン(五反田)

 

 

 

また日本という

 

は基本「マザコン」で
は基本「ファザコン」(だと思う)。

 


女性は男に「マザコン」と言いますが

 

はやはり
言うと「面倒だから言わない

 

 

 

写真4天ぷらそば(大阪)
 (ごちそうさまでした!)

 

 

 

という感じ

 

何となく
女性の方が文句を言いやすい環境

 

実は女性
不幸にしているというか
幸せにしていない感じがするのですが

 

どうでしょうかねぇ?

 

1種の
防御反応のようにも感じます

 

なぜ防御するのかというと

 

生きにくいから
でしょうかねぇ

 

まとまりの無い話で
すいません

 

 

 

DSC05282シーザーサラダ(有楽町)

 

 

 

DSC05283パスタ大盛り(有楽町)

 

 

 

2016-03-25 21:57:21

講義(629)(630)

カテゴリ:講義

先日

 

 ◆小金井塾・TKグループ(自由が丘)
 ◆あんずオルタ健康講座(新横浜)

 

講義でした。

 

 

 

DSC05342自由が丘にて
 (衝動買いしたばっかりの服の袋をかかえて)

 

 

 

人は誰でも

 

必ず何かを
がまん」して生きていると思いますが

 

は比較的
がまん」の少ない人生だと感じます。

 

 

 

DSC05345自由が丘にて
 (嬉しそうに中身を取り出している所)

 

 

 

もちろんにも
がまん」している事はあります

 

でもそれらをガマンする理由
一番やりたい事をやるため

 

つまりそれらは
嬉しいガマン」「納得のいくガマン」なので

 

ほとんどストレスを感じない

 

 

 

DSC05351自由が丘にて
 (買ったばかりの革ジャンとシャツを背負って)

 

 

 

でも
患者さん達をみていて思うのは
がまんの順位」があべこべ

 

一番やりたい事
我慢してしまっている人がいるという事。

 

それでは
心と体は喜ばないし、納得しないから

 

具合が悪くなりやすいでしょう。

 

 

 

DSC05361新横浜にて

 

 

 

だから人間

 

一番やりたい事だけは
ガマンしない方が良いと思う。

 

 

 

DSC05362ご用意頂いた物
 (ありがとうございます!)

 

 

 

もちろん1人1人
色んな事情はあるでしょうけど

 

たとえば

 

何かを極めたいならその為に
結婚したいならその為に
子供が欲しいならその為に

 

できるだけ多く
時間とエネルギー使って生きるべきだと思う

 

そうしないと
ストレスも溜まる

 

絶対に後で「後悔する

 

と思うのですが
どうなのでしょう、この考え。

 

 

 

DSC05363新横浜にて

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-03-24 00:41:35

講義(627)(628)

カテゴリ:講義

 

先日

 

 ◆小金井塾・Uグループ(福岡)
 ◆U先生主催の勉強会(福岡)

 

講義でした。

 

 

 

DSC05353福岡にて

 

 

 

家でお酒を飲むのを止めて
3か月が経ちました。

 

 

 

DSC05309牡蠣ともずくのジュレ(広尾、小野木にて)

 

 

 

DSC05310ウニとアワビ、キモ醤油

 

 

 

初めの1ヶ月
お酒の「活血作用」が無くなったせいか

 

少し体のキレが悪く
なんか疲れやすかったのですが

 

3か月経つと
体から毒が抜けていくのが分かって

 

良い感じです。

 

 

 

DSC05311カワハギ、墨イカ、カワハギの胆ソース

 

 

 

DSC05312イカの炙り

 

 

 

このまま
ずっと飲まないのかは分かりません

 

とりあえず良かったです。

 

昔から
オールオアナッシング男」と呼ばれ

 

」か「」だけで
グレー」がないという
幼稚な精神性で生きているので

 

程よく」という事が
出来ないのですね。

 

 

 

DSC05313金目鯛の炙り、中トロと赤身、ゴーヤ味噌

 

 

 

DSC05314ほおずき白和え、3種チーズのポテサラ、白子揚げ、飯蛸のナムル、パクチーと蛤のお浸し

 

 

 

10数年前から
毎晩深酒をするようになった

 

そもそものきっかけ
現実逃避

 

で、今回
お酒を止められたということは

 

その「逃避していた現実」が
もう存在しないという事かも知れない

 

 

 

DSC05315キンキの蒸し煮

 

 

 

DSC05316オマール海老炊き込みご飯

 

 

 

DSC05318盛ったところ

 

 

 

でも別の言い方をすると

 

勉強と仕事の邪魔だから
その「プライベートな心」も捨てた

 

という事でしょうねぇ

 

勉強と仕事以外で
1秒でも時間とエネルギーを奪うもの

 

バサバサ切り捨てて
生きて来ましたが

 

さらにこの道を
進む覚悟のようです。

 

 

 

 DSC05319ほうじ茶ティラミス、白ごまプリン

 

 

 

 

 

 

中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
twitter
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
2016年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道