中医学徒の生きる道
小金井信宏ブログエッセイ
中医学徒の生きる道
2011-02-27 23:11:04

会社設立(4)

カテゴリ:会社設立

 今日は昔からの友達2人が、会社の設立を祝ってくれました。
 設立祝いなので、「記念すべき一歩を踏み出す」という意味をこめて「一歩」という店を選んでくれたそうです。

 お料理は、刺身やあんこう鍋などをいただきました。
 ごちそうさまです。
 ブログ用に料理の写真を撮ろうと思っていたのですが、撮り忘れてしまったので、店の前で撮った写真を載せます。

(写真は友人の許可を得て掲載しています)

 また2人から、お祝いとして「バカラのロックグラス」を頂きました。
 前から欲しかったので嬉しいです。
 ありがとう。

開ける前

 なぜ3つあるかというと、奴らが飲みに来た時に、自分たちが使うグラスをキープしておくためです。

開けたところ 

 やっぱりカッコイイです。
 デザインも良いですし、ガラスのクオリティも高いです。
 私は、左側のものを使うことにしました。

2011-02-26 15:01:46

会社設立(3)

カテゴリ:会社設立

 今日は「株式会社ヴィンクロス様」より、会社設立のお祝いということでお花が届きました。

 ありがとうございます。

 昨日SOUQさんでも、「お祝いのワイン」を頂きました。

 こちらもありがとうございました。
 ビオ・ワインの赤だそうです。

2011-02-25 23:24:45

会社設立(2)

カテゴリ:会社設立

 本日、法務局に会社を登記し「株式会社 日本生体調準医学研究所」が正式に立ち上がりました。

 今日「2月25日」は母の誕生日だった日なので、この日に合わせて会社を立ち上げたかったのです。
 無事に登記を済ませることができて、本当にホッとしています。

 今朝はまず母の墓参りをし、それから法務局に向かいました。
 お昼も、小さい頃に母とよく行った場所で食べました。

 そして午後は明治神宮へ行き、「社運隆昌」の御祈祷をして頂きました。
 明治神宮なんて10数年ぶり、そして御祈祷なんて初めてです。
 初穂料をカードで払おうとしたら、「巫女さん困惑」「秘書さん大ウケ」 となってしまいました。
 今日から社長なのに、世の中のことが、まだよく分かっていないようです。

 そして夕方は、また広尾のSOUQさんに伺いました。
 オーナーの田中雅さんに、「会社設立のご祝儀」ということで、私のポートレートを撮って頂いたのです。

 田中さんの本職はフォトグラファーで、またレストランのインテリア・デザインなども手掛けるデザイナーさんでもあります。
 例えばイタリアン・レストラン「アロマ・フレスカ」の内装やHPも、田中さんのお仕事だそうです。

 そんな田中さんからの粋なご祝儀、本当に感謝いたしております。
 秘書さんが「撮影風景」を撮ってくれたので、載せておきますね。

(写真は、田中さんの許可を得て掲載しています)

 HPでも2枚使っていますが、「プロの写真」って本当にすごいです。

 撮影の後は、シャンパンで祝杯を挙げて頂きました。
 重ねてのご好意、本当に感謝いたしております。

(写真は、田中さんとSOUQの皆さんの許可を得て掲載しています)

 そして夜は、最近ちょくちょくゴハンをご馳走になる「高輪のネエさん宅」で、ネエさん達がお祝いの宴を開いてくださいました。
 ありがとうございます。

 色んな方にお祝いしていただき、私は本当に幸せものです。
 美味しい料理もたくさん頂きました。

 写真は、Mさんが買ってきてくださった「ルショコラ・ドゥ・アッシュ」のケーキです。

 濃厚だけど品のある、とても美味しいケーキでした。 ありがとうございます。

 かなり色々なことがあった1日でしたが、大切な記念日に相応しい時間を過ごせたと思います。
 皆さま、ありがとうございました。
 感謝いたしております。

2011-02-23 21:01:52

会社設立(1)

カテゴリ:会社設立

 今日は午前中、「会社の電子定款」を受けとりに公証役場へ行きました。
 いよいよ明後日、会社を立ち上げる予定で動いているのです。
 定款を受け取ったら、明日は「資本金の振込み」、そして明後日は「法務局へ行って会社を登記」します。
 慣れない作業もいよいよ大詰め、とりあえず無事に定款を受け取れてよかったです。

 そしてお昼は、恵比寿のQ.E.D.CLUBへ薬膳ランチを食べに行きました。

なかなか気分の良い空間です。 

メニュー毎に色々な生薬が使われていました。 

 私はあまり「薬膳」というものを食べに行かないので、とても面白かったです。

 そして夜は、広尾にある「和・イタリアン・レストラン」SOUQさんに伺いました。
 SOUQさんが雑誌の取材で紹介するお茶を私がプロデュースしたのですが、そのお茶をお店のメニューにも使っていただいたので、お礼に伺ったのです。

 ついでに色々と、ご飯もいただきました。
 たとえば「塩豆腐のカプレーゼ」、美味しかったです。

 お酒は、SOUQのオーナーさんお勧めの、ちょっと珍しい焼酎を頂きました。
 ジンのようによく冷やして、少しトロッとさせて頂く焼酎です。

 焼酎の後は、オーナーさんお勧めのグラッパも頂きました。
 お店で昔の学生さんにバッタリ会ったりして、楽しい夕べでございました。

カテゴリ:スターバックス

 先日、六本木のスタバで「アイス・トリプル・グランデ・ソイ・モカ」を飲みました。
 私が、1年に330杯ほど飲んでいる定番メニューです。
 しかし…、これが苦痛なほどに美味しくない。
 せっかくの大好きな「カフェ・モカ」なのに。

 なぜ美味しくないかというと…
 年に330杯も飲んでいるせいで、たとえ商品としては同じ「ソイ・モカ」であっても、作る人による「微妙な配合バランスの違い」が分かるようになっているからです。
 そして、そんな私の舌は「レミー事務所育ち」。
 だから他のスタバの「ソイ・モカ」は、口に合わない時があるのです。

 実際「レミー事務所」(五反田レミーにあるスタバ)の人たちが作ってくれるカフェモカは、いつもとっても美味しいんです。
 きっと、今月まで店長を務められていたKNさんの指導がすばらしかったのでしょう。

 そう思って「KNチルドレン」の1人であるレミー事務所のお姉さんにその話をしたところ、彼女は「一瞬」間をおいてから、諭すようにこう言ってくれました。

 「あとは……“愛情” です!」

 ……そうでしたか。
 ありがとうございます。
 どーりで、美味しい筈ですね。

入りのソイモカ↑)

 飲みものである「カフェ・モカ」は、主成分が水です。
 そして水という物質は、人間の感情や想いがもつ波動を、とても正確に写しとります。
 それはつまり、「想いという無形の気が水に宿る」ということです。
 だから「食べもの」も「飲みもの」も、愛情が込められていると美味しいんですね。

 そして中医学も、水にはずっとこだわってきました。
 たとえば明代・姚可成の『食物本草』には「水部」という章があり、そこには「天水類」「地水類」「名水類」「毒水類」に分類された95種類の水の気味・作用などが記載されています。


 また水と言えばお茶との関係も深いですが、歴代のお茶の専門書には「水の選別・貯蔵・沸かし方」などに関する細かい論述が残されています。

 そうした貴重な「フィールド・ワーク」「研究」「実践」の結果は、現在、あまりしっかりとは受け継がれていません。
 もったいないですね。

 我が研究所で、是非、積極的に研究したいテーマの1つです。

中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
twitter
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
2011年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道