中医学徒の生きる道
小金井信宏ブログエッセイ
中医学徒の生きる道

 正確な被害状況はまだつかめていませんが、お命を亡くされた方、行方の分からない方は、大変な数にのぼっています。
 また原発や火力発電所が津波に呑まれるという最悪の2次災害も起こり、放射線漏れの危険や電力不足という深刻な問題も起こっています。

 被害に遭われ、家族・家・町や村を失ってしまった方々の「ショック・悲しみ・疲れ・不安」などは大変なものであると思います。
 しかもそれらはどれも、すぐには解消されないものばかりです。

 世界中から人的・物的援助をいただいているようで、落ち込みがちなニュースばかりの中、少し心が温まります。
 私たち日本人も、仕事をして収入を得ている全ての大人が、今後5~10年ぐらいは、個人単位でも援助を続ける必要があると思います。

 救助や復興のエキスパートでもない人間が、無闇に被災地へ行っても迷惑でしょうから、要するに「お金を寄付する」ということですね。
 私も「自分はどういう形で寄付を続けていくのか」、考え始めました。
 なるべく早く、実行したいと思います。

 全く電話が通じない状況も回復しつつあるようですが、皆さま、ご家族や知人の方々の安全は確認できましたでしょうか?

 私のところにも、何人もの方がメール・電話などで 「大丈夫ですか?」 と連絡を下さいました。
 ご心配いただき、ありがとうございます。
 おかげさまで、私も私の家族も、無事にしております。
 

 
 東北地方の被害は、相当に大きなもののようです。
 まだ寒い中、エネルギーが十分にない状況では、一夜を明かすことさえ大変だと思います。

 避難所での生活も、すぐに終わるものではないでしょう。
 でも世界中から、そして日本中から援助が届きますし、私もできる援助を続けます。
 無責任な言葉かも知れませんが、頑張って頂きたいと思います。

 
 とりあえず、避難所でもできる 「中医学の基本的な健康法」 を1つを紹介します。
 何もなくても、すぐにできる方法です。

 それは…
 自分の唾液を、なるべくたくさん飲むことです。

 「口の中で舌をぐるぐるさせて唾液をたくさん出し、数回に分けてゆっくり飲む」  という作業を、1日中何度も何度もくりかえして下さい。
 そして毎日続けてください。
 水の絶対量は変わらなくても、体の中の「水の状態」は変わります。
 中医学的にいうと (パワー)」 と (ここでは水分の意味)」 を補充でき、さらに体が活性化するのです。

 
 まずは唾液の話を紹介しましたが、 「災害時、エネルギーや飲食物・薬などが無い状況で中医学に何ができるのか」  少し調べてみようと思います。
 

 

 

 昨日の午後「東北地方太平洋沖地震」が発生しました。

 大変な規模の災害です。

 被害に遭われ、お命を亡くされた方々のご冥福をお祈りいたします。
 
 
 

中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
twitter
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道