中医学徒の生きる道
小金井信宏ブログエッセイ
中医学徒の生きる道
2014-09-30 22:34:33

講義(328)(329)

カテゴリ:講義

先日

 

 ◆小金井塾・Yグループ
 ◆小金井塾・Sグループ

 

講義でした。

 

 

Yグループ1Yグループの講義

 

 

Yグループ2学生さん達から「お淋し見舞いのお香」を頂きました。
 (ありがとうございます!)

 

 

ここの所ブログで

 

火神派『傷寒論』温病学
などのをしましたが…

 

中医を学ぶ場合
更にこれらと並行・連動して

 

老中医の認識を学ぶ必要があります。

 

 

Sグループ1Sグループの講義

 

 

Sグループ2学生さん達に頂いたお菓子
 (ありがとうございます!)

 

 

たとえばフレンチのシェフでも
少し和食の勉強もしているとかいう感じで

 

老中医たちも
色々な方法を学んでいます。

 

その上で彼らは
自分のセンスでそれらを混ぜて使うので

 

多くの老中医の方法を比べる
混ぜ方のセンスも学べるし

 

さらに混ぜる前のもの

 

つまり『傷寒論』『金匱要略』
金元医学」や「温病学」などの

 

勉強にもなるのです。

 

 

自由が丘1黑むつの刺身(自由が丘のお店で)

 

 

自由が丘2馬刺し

 

 

また例えば

 

多くの老中医
肺炎をどう治しているかを比べると

 

ベースになっている方剤が何であろうと

 

つまり「バリバリ経方」でも「温病方剤」でも
または「李東垣っぽい感じの用薬」でも
または「近代対薬組成」でも何でも

 

治している病気が同じなら
必ず「用薬の共通点」はある。

 

 

自由が丘3串焼き

 

 

自由が丘4串焼き

 

 

その共通点が分かれば

 

肺炎とは「どういう状態」かが
分かります。

 

それは1つ1つが
本当に「」と呼ぶべき認識

 

我々はそれを学び
受け継ぐ必要があるのです。

 

(急に2回連続マジメな内容でした)

 

 

自由が丘5串焼き

 

 

 

 

中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
twitter
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道