中医学徒の生きる道
小金井信宏ブログエッセイ
中医学徒の生きる道
2011-07-22 23:01:47

講義(12)

カテゴリ:講義

 今日は、全日本薬膳食医情報協会(ANY)さんの関連講義でした。
 テーマは「辛温による扶陽」と「甘温による益気」です。

  会場(文京区男女平等センター)の七夕飾り

 

 

 まず「辛温による扶陽」ですが

 ◆方剤としては「桂枝甘草湯」と「甘草乾姜湯」
 ◆この2首は、同じ「辛+温」でも「辛温のバランスが反対」
  なので「補益と温裏のバランスが変わる」
 ◆古代の中医学がいかに心陽を重視していたか
 ◆「桂枝・甘草」の薬対を含む諸方剤
 ◆甘草乾姜湯が、理中湯のような温裏剤と
  決定的に違うのはどこか?
 ◆甘草乾姜湯を使った「達人の医案」
 ◆「辛+甘のバランスの違い」としてとらえた
  麻黄湯~桂枝甘草湯~甘草乾姜湯~腎気丸

といった話をし、
 次の「甘温による益気」では

 ◆出世魚のように
  「黄耆・人参」→「耆・参・甘草」→「耆・参・草・肉桂」
  と厚みを増していく「甘温益気のやり方」
 ◆これらを含む「補中益気湯」という方剤
 ◆黄耆と脾と肌肉

といった話をしてきました。
 相変わらず、結構専門度の高い話です。

 

 午後は、東京ドームホテルのカフェで
 土曜日「美白②」講義の打ち合わせをしました。

 
 
 
  クランベリー・ソーダ

 全然関係ないですが
 今日父親の入院先に洗濯物をとりに行き

 私が幼少の頃から爪を噛むクセがあって
 1度も「爪を切った事がない」といったら

 しみじみ
 「変なヤツだなーお前」と言われました

 「今頃知ったか?」っていうか
 「アンタには負けるよ
 って感じなんですけどね。

 

中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
twitter
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
2020年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道
中医学徒の生きる道